コラム

コラム

2015.11.09

バイアグラの発がん性

ED治療早漏治療専門の池袋(池袋・新宿)・上野ユナイテッドクリニック東京ではED治療薬バイアグラ(シルデナフィル)、バイアグラジェネリックレビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル、早漏薬プリリジー(ダポキセチン)、リドスプレーなど多くの薬を処方しています。

2014年JAMA Intern Medでシルデナフィルを服用した男性のメラノーマ(悪性黒色腫)が非服用者の2倍高かったと報告されています。今回これはどうも違うかもしれないという研究結果がJAMAで発表されています。

バイアグラとメラノーマとは

バイアグラ(シルデナフィル)はファイザー社が製造販売するED治療薬です。バイアグラは速効性があるタイプのED治療薬です。2014年から日本でも「バイアグラジェネリック」が発売されています。世界で最も処方実績のあるED治療薬です。

またメラノーマは日本では悪性黒色腫と言われる皮膚がんの一つです。皮膚がんは皮膚の弱い白色人種に多く、我々日本人にはそれほど多くありません。メラノーマをわかりやすく言うと「足の裏の黒子(ほくろ)が段々大きくなったら実はガンだった。」という話をきいたことがあるかもしれません。それがメラノーマ(悪性黒色腫)です。

バイアグラとメラノーマの相関性について

アメリカのニューヨーク大学のStacy Loeb氏がバイアグラ(シルデナフィル)とメラノーマの関連性について2万人以上のスウェーデン人男性の医療記録から検証しています。

今回の研究ではスウェーデンの全国的なメラノーマ登録、処方薬データベース、人口統計学的データベースから2006~2012年のメラノーマ患者4065例と対照群2万325例のデータを抽出しED治療目的でのPDE-5阻害薬使用とメラノーマリスクとの関連を検討しています。
対象は殆どが白人男性でED治療薬の処方歴があったのはメラノーマ群435例(11%)と対照群の1713例(8%)であったようです。
多変量解析の結果、PDE-5阻害薬服用患者では、軽度ですが統計学的に有意なメラノーマリスクの上昇が認められています。(OR 1.21、95%CI 1.08~1.36)。しかし処方回数で結有意なリスク上昇が認められたのは単回処方群のみで(同1.32、0.95~1.44)、2~5回群(1.14 0.95~1.37)と6回以上群(同1.17 0.95~1.44)では両者に有意差は認められていません。
またPDE5阻害薬の使用は早期メラノーマと有意に関連していたが、進行メラノーマとの関連はありませんでした。さらに短期間使用と長期使用の間、3種のPDE5阻害薬の間でメラノーマリスクの上昇に差がなかったようです。

因果関係が疑わしい理由

2014年の報告は質問調査票に基づき集積されたメラノーマの症例が142例と少なくそのうちシルデナフィル使用者は14例のみでした。
今回は処方データからPDE5阻害薬使用者435例を同定しており統計学的な検出力は高いと言えます。
ただRoebら氏はバイアグラとメラノーマリスク上昇との関連を因果関係とする根拠は薄弱であるとしています。なぜならば複数回処方との相関が認められなかったこと、通常薬剤性によるがんは用量依存性が知られています。1回だけ服用した群だけにガンが多いことはで説明できません。
従って彼らは「PDE5阻害薬使用と低ステージメラノーマの双方に関連する社会経済学的因子やライフスタイル因子の関連が存在する可能性がある」としています。
今回の研究ではPDE5阻害薬は対照群と比べ高学歴、高所得であったようです。これらはメラノーマリスクとの関連が過去に指摘されている因子であり、高所得で可処分所得が多い男性はバカンスで日焼けをするようなライフスタイルを享受し保険適応のないED治療薬を購入できる余裕があるためではないかと考えられているようです。
結論としては「PDE5阻害薬よりも日光の暴露を減らすべき」としています。

日本人は白色人種と違いメラノーマは少ないので日本人にはあまり関係のない話ですが実際にガンが多いと聞くと心配ですよね。
2014年の発表は症例数が少ないこと、被験者の群に生活背景の違いがありバイアスがあると言ったところでしょうか。まず患者背景を同等にして比較対照を行う必要性がありそうです。

症例数が少ない研究だと対照群の極端に異常値の1例に数値が左右されるなど、色々なことがおきます。大規模試験の結果との比較や研究者は対照群にバイアスがかからないように注意する必要がありますね。

今回はバイアグラにメラノーマの発がんリスクの関連性は薄く安心してバイアグラを服用してくださいというお話でした。

ED治療・早漏治療なら池袋ユナイテッドクリニックまで

ED治療・早漏治療のユナイテッドクリニック東京の各院ではED治療薬のバイアグラ処方レビトラ処方シアリス処方バイアグラジェネリック(シルデナフィル)処方、早漏治療薬のプリリジー処方、早漏防止薬のリドスプレー処方を東京最安値で出来るように目指しています。

当院ではED治療・早漏治療のご相談や治療薬の処方をいたしております。ED・男性更年期障害に効果がある亜鉛やビタミンB、マカ等の取り扱いもしており、様々な悩みに対応することができます。

思い悩む前にお気軽にご来院ください。ご相談のみでも構いません。

アクセス良好(池袋・上野・新橋・大宮・横浜)

池袋ユナイテッドクリニックはJR池袋駅北口を出てすぐ左側のビル「ニイミビル」の7階にあります。1階がお菓子のまちおか、プロミス、靴の修理屋さんになっており、靴の修理屋さんの横の入り口から中にお入りください。エレベーターも奥まったところにあり、人目につかず受診することができます。また西口からも徒歩0分で受診することが可能です。池袋は「東に西武、西に東武」です。お間違えの無いようご注意ください。

JR池袋駅 北口そば、西口徒歩0分
東武東上線 本線 (池袋駅) 徒歩0分
西武鉄道 池袋線 (池袋駅) 徒歩0分
東京メトロ 丸の内線 (池袋駅) 徒歩0分
東京メトロ 有楽町線 (池袋駅) 徒歩0分
東京メトロ 副都心線 (池袋駅) 徒歩0分

池袋ユナイテッドクリニックはJR線では山手線、埼京線、湘南新宿ライン等、東武東上線、、西武池袋線、東京メトロ丸の内線、有楽町線、副都心線などが乗り入れをするターミナル駅です。池袋ユナイテッドクリニックはアクセス良好でJR池袋駅をでて、すぐの立地です。雨の日も雨に濡れることなく受診できます。

池袋がある豊島区(池袋、大塚)、板橋区、足立区、練馬区、文京区、北区、新宿区、中野区、埼玉県(さいたま、所沢、浦和、川越、川口)、神奈川県(横浜・川崎)などにお住まい、お勤めの方は受診しやすいと思います。

また近隣にコインパーキングも多く、車での受診も可能です。ぜひご来院ください。

処方価格はお薬代のみ・プライバシーに配慮

ユナイテッドクリニック東京は初診料・再診料は無料で処方価格・購入費用はお薬代のみです。格安・激安・最安値で処方できるように努力いたします。またすべての院が駅近の立地でかつ、人目につかず、ご来院いただけるようにプライバシーの最大限の配慮を致しております。

池袋院・上野院・新橋院・大宮院・横浜院にお越しください。

ユナイテッドクリニック東京の各院ともターミナル駅近でアクセス良好です。

池袋院 JR池袋駅北口そば(20B出口横、ニイミビル7階)、西口徒歩0分
上野院 JR上野駅入谷口そば・御徒町駅徒歩4分(入谷口前の1階にサンクスが入った早稲田ビルヂング8階)
新橋院 JR新橋駅(銀座口)・東京メトロ銀座線新橋駅、徒歩0分(JR新橋駅・銀座口を直進、メトロ銀座線新橋駅2番口そば、1階にファミリーマートがあるリプロ新橋4階)
大宮院 JR大宮駅西口、徒歩0分(駅前陸橋を降りて3件目の山中ビル5階
横浜院 JR横浜駅・にし北口、西口徒歩3分 第7浅川ビル4階

また新橋駅には飛行機で東京へお越しの方、上野院・大宮院には新幹線で東京へお越しの方が大勢いらっしゃいます。ユナイテッドクリニック東京には池袋・新宿・渋谷・目黒・五反田・上野・御徒町・神田・秋葉原東京・有楽町・八重洲・銀座・品川等、東京はもちろん埼玉(さいたま・大宮・川口・浦和)、千葉(船橋・千葉・柏・松戸)、神奈川(横浜・関内・川崎)などから多くご来院されています。

PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6907-1942
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト