コラム

HP文章

池袋ユニHP_ダイエット体臭その他 済済

 

ダイエット、体臭、その他の治療薬

池袋ユナイトクリニック(ユナイテッドグループクリニック池袋院)では、日本で唯一承認、処方されている食欲抑制薬「サノレックス」や消化酵素を阻害し、脂肪分の吸収を30%カットしてくれる「ゼニカル」の処方を行っております。

サノレックス(マジンドール)

日本で唯一承認・販売されている食欲抑制薬です。食欲中枢に働き食欲を抑え、食事の摂食量を抑えることで体重減少を促します。運動療法などと併用するとより効果的です。

サノレックスとは

サノレックスの有効成分はマジンドールです。食欲抑制剤として国内初の承認薬で、ノバルティスファーマ社が製造・販売を行っていましたが、現在は現地法人に当たるノバルティスファーマから富士フイルム富山化学に販売移管されています。

サノレックスの飲み方・服用方法

サノレックスは、0.5mg錠を食前30分前に1錠を服用してください。
1
1錠で効果がみられている場合は、そのまま継続して11錠を服用してください。11錠で効果が低い方は、13錠までの服用が可能です。その場合は一度に2錠服用しても、朝・昼・晩で1錠ずつ服用しても問題ありません。
また、連続服用期間が3か月と決められており、3か月を超える期間の服用には、休薬期間を設ければ再度服用することが可能です。

サノレックスの作用

サノレックスには食欲抑制作用、消化管吸収抑制作用、代謝亢進作用があります。
食欲抑制作用では、摂食調節虫垂に働き、摂食抑制をします。消化管吸収抑制作用は、消化吸収および消費エネルギーの促進を行います。代謝亢進作用は代謝変動を改善することで肥満症を改善する働きがあります。
サノレックスを服用すると、これらの作用により、体重減少が起こります。

サノレックスの副作用

サノレックスの副作用には、口渇感、便秘、悪心、嘔吐、睡眠障害、胃部不快感などがありますが、重篤な副作用はありません。
口渇感には水分を摂取したり、便秘には緩下剤などを服用したりして対症療法してください。

サノレックスの禁忌

  • サノレックス(マジンドール)に対し過敏症(アレルギー)の既往歴のある方

  • 緑内障の患者(眼圧上昇のおそれがあるため)

  • 重症の心障害のある患者(症状が悪化する恐れがある)

  • 重症の膵障害のある患者(インスリン分泌抑制作用を有する)

  • 重症の肝、腎障害のある患者(代謝、排泄が遅延する恐れがある)

  • 重症高血圧の患者(カテコラミンの昇圧作用を増強する)

  • 脳血管障害のある方(症状が悪化するおそれがある)

  • 不安・抑うつ・異常興奮状態の患者及び統合失調症の精神障害のある患者(症状が悪化する恐れがある)

  • 薬物・アルコール乱用歴がある患者(この様な患者では一般に依存性、乱用が起こりやすいと考えられる)

  • MAO阻害薬投与中又は投与中止後2週間以内の患者

  • 妊婦、又は妊娠している可能性のある婦人

  • 小児

ゼニカル・オルリファスト

ゼニカル(Xenical)やゼニカルジェネリックのオルリファスト(Orlifast)の主成分はオルリスタットです。
食事をした際に、脂肪の吸収を助ける酵素リパーゼの働きを抑制し、摂取した30%の脂肪分を分解せず、そのまま体外へ排出させます。ゼニカル(オルリスタット)自体も脂肪分と一緒に体外に排出されるため体内への残留や蓄積はありません。

ゼニカル・オルリファストとは

ゼニカルは、スイスの製薬会社であるロッシュ社が開発、1999年、アメリカで肥満治療薬として発売されました。
オルリファストは、ロイド・ラボラトリーズ社が開発・販売しているゼニカルのジェネリック医薬品です。どちらも有効成分は同じオルリスタットのため、作用・副作用・効果など全て同等です。

ゼニカル・オルリファストの服用方法

13回食前か食後に服用します。油分の多い食事に特に有効ですが、食事をしない場合は、服用しても効果はありません。
腸管からの脂質の吸収を抑え、脂溶性ビタミンの吸収も抑制してしまうため、長期間服用する場合は、ビタミン剤などの摂取が望ましいといえます。

ゼニカル・オルリファストの作用

有効成分であるオルリスタットは、消化酵素であるリパーゼを阻害することで、腸管での脂質の吸収を30%阻害し、体重減少を促します。リパーゼは膵臓から分泌される消化酵素で、中性脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解します。また、サノレックスとは作用機序が違うため併用が可能です。

ゼニカル・オルリファストの副作用

副作用として、放屁・下痢・脂肪便・便失禁など消化器系の症状が現れる可能性があるため、開始時期は注意が必要です。その後服用に慣れてくると、うまく対応できるようになります。

糖尿病治療薬(SGLT-2阻害薬:ルセフィ)

服用することで尿からの糖排泄量が増え、結果的に血液中の糖(血糖)の量を減らす効果があります。

ルセフィとは

ルセフィは、有効成分はルセオグリフロジン水和物でSGLT2阻害薬に分類されます。適応症は2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)です。

大正製薬が2014年の3月に製造・販売の承認を取得し、20145月、大正富山医薬品とノバルティスファーマから選択的SGLT2阻害薬ルセフィ錠2.5mg5mgが発売されました。20201月、ノバルティスファーマからの販売は終了し、現在では大正製薬からのみ販売されています。

ルセフィの服用方法

通常は11回、朝食前または朝食後に服用してください。
1型糖尿病には適応がありません。また、肝臓で糖の再吸収を抑制するために、肝臓が悪い方や尿路感染、性器感染のある方、高齢の方は服用の際に注意が必要です。医師に処方してもらいましょう。

ルセフィの作用

経口血糖降下薬で、腎臓の近位尿細管での糖の再吸収を抑えるため、過剰な糖分を尿で排出させる作用があり、血糖値を低下させます。過剰な糖分を排出させることから体重減少が見られます。インスリンの作用とは関係ないため、薬効が強く現れても重度の低血糖症の発現は低いと考えられています。

ルセフィの副作用

ルセフィには利尿作用があるため、脱水症を起こす可能性があります。適度な水分補給をしてください。
尿内の糖分が増加するため、尿路や陰部で微生物が繁殖しやすくなり、膀胱炎や尿路感染症、膣カンジダ症等の性器感染症が現れることもあります。発熱、頻尿、排尿痛や陰部・性器周辺の痛みや腫れ、脇腹痛または背部痛などが現れた場合は直ちに医師に相談してください。
また、他の血糖降下薬と併用する場合は、低血糖にも十分注意してください。

ルセフィの禁忌

  • 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡の患者

  • 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者

  • 本剤の成分に対し過敏症既往歴のある患者

パースピレックス(制汗剤・体臭剤 汗、臭いなど)

パースピレックスとは

パースピレックスとは、医療用制汗剤で、有効成分が塩化アルミニウムです。医薬品のため、医師の処方が必要です。適応症は多汗症や軽度のわきがです。
パースピレックスには「ロールオンタイプ」と「ローションタイプ」があります。
ロールオンタイプは基本は脇用ですが、全身への使用は可能です。ローションタイプは手足用なため、脇に塗布することができません。当院ではロールオンタイプの処方を行っております。

パースピレックスの使用方法

汗腺の活動が鈍くなる夜に、患部を乾燥した状態で1回塗布し、翌朝に洗い流してください。塗り直しや多量の塗布は必要ありません。
一度の使用で汗の65%を抑制する効果が72時間以上持続します。使用開始時は、1週間連続で使用し、安定し始めたら23日に1回使用してください。
皮膚に傷や疾患がある場合は使用を控え、もしかぶれ等が現れた場合は、使用を中断し専門の医師にご相談ください。また、脱毛の48時間以内は使用をお控えください。

パースピレックスの作用

パースピレックスの有効成分である塩化アルミニウムが体から出てくる水分(汗)と反応することで、角栓を形成し汗腺を塞ぎ、発汗を抑えます。角栓形成された汗腺は、汗の生成・分泌を行わないようになり、効果が持続する発汗を抑えます。
無臭で衣類への色移りもないため、使いやすい制汗剤です。

パースピレックスの副作用

パースピレックスには若干の刺激があります。しかし、他社の同タイプの薬剤より刺激が少なく、効果の持続時間が長いため、医薬品では人気が高い制汗剤です。

その他の薬剤

ガスター(ファモチジン 消化性潰瘍治療薬)

ガスターの有効成分はファモチジンで、ガスターは抗潰瘍薬です。ガスターは抗ヒスタミン薬を開発している中で偶然見つかりました。効果は非常に高く、ガスターの登場以降、潰瘍手術は従来の5分の1に減少したといわれています。
ファモチジンは胃潰瘍治療やそれに随伴する胃痛・胸やけ・もたれ・むかつきなどの症状を抑える薬です。胃潰瘍・十二指腸潰瘍の場合は112錠を112回、急性胃炎の場合は111錠を服用します。
腎機能障害、肝機能障害、薬物過敏症、高齢者、心疾患のある方は医師にご相談ください。

ロキソニン (ロキソプロフェンナトリウム 抗炎症・消炎・鎮痛剤)

ロキソニンは、消炎鎮痛剤です。発熱や、頭痛や筋肉の疼痛に効果があります。非ステロイド性抗炎症薬に分類され、炎症に伴う腫れや痛みをやわらげ、解熱効果のある薬剤です。ED治療薬の副作用の頭痛が気になる場合は、ロキソニンを1錠服用することによって緩和することができます。消炎・鎮痛の場合は11錠を13回、解熱・鎮痛の場合は原則11錠を12回まで、最大13錠まで服用します。食後に服用してください。

精力剤・ドクターズサプリ

池袋ユナイトクリニック(ユナイテッドグループクリニック池袋院)では、ドクターズサプリメントを処方しています。DHEAは海外から個人輸入なども禁止されており、医師の処方でしか服用できません。
各種治療薬との併用で効果の増強が見込めるほか、服用を継続していただくことで、特に治療薬の性質上どうしても対処療法になりがちなEDや早漏の根本的治療効果が期待できます。
男性機能の向上や、毛髪の育成以外の面からも、日常的に一定量を摂取すべき有用な成分があり、健康維持や免疫力の向上などに繋がります。

亜鉛 100粒 100日分 

品名

単位

数量

販売値

亜鉛

100

100日分

¥2,900

ED、男性更年期障害、AGAの治療をされる際には亜鉛の摂取をお勧めいたします。

亜鉛は男性の前立腺や精液に多く含まれ、亜鉛の摂取が精子の生成を左右したり、亜鉛不足はEDを引き起こすことが知られています。亜鉛不足によるEDに対し、おおよそ30mgの亜鉛を6ヶ月間投与することでEDの改善が見られたとの報告があります。一般に日本人は亜鉛の摂取量が不足しており新鮮な精液を確保するには亜鉛のサプリメントで不足分を補うと良いでしょう。
男性は40歳前後からテストステロンが減少し、EDや射精障害など男性更年期障害を発症します。亜鉛とビタミンBは、男性ホルモンのテストステロンの増加作用が報告されていますので、亜鉛は男性更年期障害の予防等にも有用です。

また亜鉛は皮膚、髪、爪の生成に加え、味覚、臭覚にも影響を与えます。そのため、足りなくなると脱毛や、毛髪が細くなってしまい、AGAを引き起こしたり、味覚異常、皮膚炎などの原因になると言われています。

マカ 90粒 30日分

品名

単位

数量

販売値

マカ

90

30日分

¥2,700

マカは「天然のバイアグラ」と呼ばれるように、ED治療に対して高い効果が期待できます。 マカに含まれるタンパク質・アルギニン・リジン・グリシンなど数々の必須栄養素が精力増強・滋養強壮・疲労回復といった効果を発揮してくれます。特にED治療薬との併用はお勧めしたい組み合わせの1つであり、マカを摂取することで精力を高めつつ、性行為に望めます。

DHEA 25mg 90

品名

単位

数量

販売値

DHEA

90

90日分

初診¥4,990 再診¥5,990

DHEAデヒドロエピアンドロステロン)は、男性ホルモンのテストステロンや女性ホルモンのエストロゲンといった性ホルモンの素になる成分です。テストステロンは精子や筋肉などの形成に重要な役割を果たしてくれますが、成人後にピークを迎えてから減少し、DHEAは20代をピークに40代で約半分の50%、60代では30%、80代では10~20%にまで減少してしまいます。
DHEA
の摂取は、テストステロンの減少を抑えると共に、性欲・精力の増進など男性らしさを取り戻すのに役立ちます。ホルモンバランスを整えることから、不妊治療にも効果が期待できます。アルツハイマー病ではDHEAの明らかな低下がみられ、長寿の方には高濃度にDHEAがみられるそうです。DHEAは副腎で作られ、テストステロンやエストロゲンになるためマザーホルモンともいわれる重要なホルモン前駆体です。
DHEA
は医師以外取り扱えません。一般の方は、日本国内だけではなく、個人輸入などで海外から入手することもできないため、ご希望の際はお申し付けください。

リジン 30粒 30日分

品名

単位

数量

販売値

リジン

30

30日分

初診¥1,750 再診¥3,500

リジンとは、必須アミノ酸の1つで、体内で生産することができません。リジンは毛髪の成分と密接な関りがあり、単独でもAGAの改善が期待できます。またAGA治療薬の効果を高める効果もあり、 特にミノキシジルとの相性は抜群で、併用することで太く強い毛髪が生えてきます。本格的なAGA治療をお望みでしたら、リジンと各薬剤を併用するといいでしょう。

ビタミンB 60粒 60日分

品名

単位

数量

販売値

ビタミンB

60

60日分

2,900

ビタミンB群とは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの8種類を総称したものです。
性欲増進、男性更年期の改善、早漏や遅漏の改善、疲労回復、アルコールの分解を助けるなど、様々な働きがある成分です。亜鉛とビタミンBは、男性ホルモンの増加作用が報告されています。
水溶性のため尿として排出されやすく、食事だけでは効率のよい摂取が難しいという一面があります。食事以外でしっかりとサポートすることが望ましいです。

 

 

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
札幌ユナイテッドクリニック公式サイト
仙台ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイトクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
横浜ユナイトクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
金沢ユニットクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-5924-6548
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
アクセスのご案内 診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
札幌ユナイテッドクリニック公式サイト
仙台ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイトクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
横浜ユナイトクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
金沢ユニットクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト