コラム

コラム

一般医によるED診療・治療とED治療薬の選択

EDとは

満たされた性生活が心身ともに安定をもたらすことは一般的にも知られていますし、統計学的にも証明されています。充実した性生活はパートナーとの関係に潤いをもたらし日々の生活を安定させ、本人の自信、尊厳の維持につながります。EDになってしまうとこの安定した生活に変化が出てきます。EDとなった時の本人の精神的不安(うつや自信喪失、尊厳の喪失)やパートナーとの関係悪化を招き日常生活の質を著しく低下させます。

ではEDになった時にどう対処すれば良いのでしょうか?EDとは「3ヶ月以上に渡りセックスに必要な陰茎の十分な硬度が得られないこと」を言います。有病率としては20~50%程度とされ、40歳以上の男性の1/3以上は勃起力の低下を感じています。原因は様々ありますが主なものとして心因性、加齢性、病的原因(器質性、内分泌性、臓器性)などが知られています。

一般医が行うED治療

ではED治療はどのようにして行うのでしょうか?基本的にはED治療薬の内服で80%の方に改善が期待できます。つまり専門の医師による問診や診察で診断を受けEDと診断されるとED治療薬を処方されることEDの改善が見込めます。

比較的容易に処方が出来てしまうため、現在一般内科医でも治療・処方を行うようになっています。

しかしそこに問題があります。つまり診察時に専門医でないがためにポイントを押さえた有効な質問が出来ずに病状の把握がおろそかになり、その結果内服指導も不十分になり不完全なED治療になってしまっているのです。一般医を指導することで治療効果の改善や患者満足度の変化を評価した研究があります。

次の研究は一般医によるED治療が医師を事前指導することでどのように改善するかを調べた報告です。3ヶ月間、229人の一般臨床医と478人の男性(平均57歳…19-80歳、専門職が約半数、都会在住、パートナーはほぼ同年齢)が患者として参加しています。参加医師は臨床医としてのキャリアは15年以上でこの研究参加前にED治療について専門的講義を受けています。平均して月に10人前後のED治療を行い以下の方法で評価しています。

  • ①EHS(Erection Hardness Score):簡便な勃起硬度の評価テスト
  • ②国際勃起機能スコアIIEF-5:男女の性行為の様々な側面評価
  • ③自己評価とリレーションシップに関する問診:ED患者の情緒に関する評価
  • ④性生活スコア:パートナーとの性生活の評価
  • ⑤ED治療における満足度評価:患者とパートナーの満足度の評価

研究開始後、受診患者の70%がEDと診断。そのうち90%が心血管系危険因子(高血圧40%、ストレスあり40%)を有していました。EDの原因は76%が心因性のEDでEDの診断後の患者はパートナーに言いづらいが60%、治療法があるのを知らなかったが20%、副作用はあまり心配していない20%、診断後、その半数が治療を開始されています。そのうち80%がバイアグラ、シアリス、レビトラ各10%で治療を開始しています。勃起の改善度は治療前 EHSグレード1、2、3の割合は30%、40%、30%でしたが治療後はグレードが1~2段階改善が75%し、1から4へ著名に改善した方が10%でした。

一般医師側からみた事前指導の効果に関する感想は下記の通りでした。

  • ・患者に対して話す機会が増えた
  • ・今回の方法で有効なED治療が出来たと考えており、今後の治療にも自信を持っている
  • ・説明には患者本人だけでなくパートナーも同席させたほうが良いが、説明にはやや困難が伴う

また患者サイドも満足度はおおむね良好でした。

今回の研究の結果から言えることは、EDの治療も一般医が漫然とバイアグラを処方するのではなく、正確に病状を把握し適切な治療を継続的に行うことで有意義な結果がもたらされるということを示しています。したがって一般医に対する指導が十分できるような環境づくり、例えば勉強会や指導マニアル(DVD、パンフレットなど)といった対策が必要と言えます。また上記のED治療薬の処方ではバイアグラの処方が圧倒的ですが、現在はレビトラやシアリスの処方数が増えてきておりED治療を行っている立場からすると通常のED診療でこの割合になることはなく、この研究の治療はバイアグラに偏り過ぎているように思います。一般医は有効なED治療ができたと考えているようですがED治療薬についても一般医の知識が薄く知名度の高いバイアグラを選択している可能性が考えられます。一般医は診療の知識、薬剤の知識を得てよりトレーニングする必要があるようです。

池袋ユナイテッドクリニック東京各院ではED治療について数万人の治療実績があるクリニックです。すでに症例数、実績豊富なクリニックですが当院では医師、スタッフともに患者さまの様々な疑問や質問にも答えることができるよう日々研鑽を積んでおります。バイアグラ・レビトラ・シアリスの3剤を中心に補助剤などの併用投与や、カウンセリングなどを行い、質の高いED治療を継続していきたいと考えております。

frogs-1672890__340

ED治療薬はクリニックや病院で処方を(バイアグラ・レビトラ・シアリス処方)

バイアグラ・レビトラ・シアリスなどのED治療薬が発売された当初はとても危険な薬というイメージが強く、いまだにそのイメージを持たれている患者さんもいらっしゃいます。しかし近年の研究で、ED治療薬は血管機能全般の機能改善効果などが知られ、アンチエイジングの薬ともいわれるようになりました。ED改善効果だけではなく、心不全の治療薬として、その他血管系の治療薬として期待されています。実際にバイアグラの成分である「シルデナフィル」は肺動脈高血圧症の治療薬として認可され、シアリスの成分である「タダラフィル」は肺動脈高血圧症、前立腺肥大症で認可されており活躍の場を広げています。

このように安全性、有用性は知られてきましたがやはりそこは薬剤です。用法・用量や副作用など、また自身にあった薬剤の選択など安易に自己判断されることは危険です。

記事監修

平成16年
秋田大学医学部医学科卒業
平成16年
上尾中央総合病院
平成26年
ユナイテッドクリニック池袋院
平成27年
ユナイテッドクリニック上野院
平成29年
ユナイテッドクリニック大宮院院長就任

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6231-6472
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト