コラム

コラム

EDと多発性硬化症

多発性硬化症とは?

多発性硬化症(multiple sclerosis:MS)という病気をご存知でしょうか?中枢神経系の脱髄疾患のひとつで、脳や脊髄などの中枢神経及び視神経に病巣ができ、様々な症状を引き起こします。多くは30歳前後で発病します。女性に多いことも特徴です。多発性硬化症の頻度は人種によって異なり、欧米の白人に多いことが知られています。日本では人口10万人あたり8~9人程度と推定されており、比較的稀な疾患です。

神経細胞の興奮は電気活動によって起こります。電線のコードがショート防止のため絶縁体で覆われているのと同じで、神経の線も髄鞘というもので覆われています。この髄鞘が壊れることを脱髄といい、電線のコードがむき出しになってしまう病気が多発性硬化症です。

多発性硬化症は難病として厚生労働省が指定する「特定疾患」に指定されています。有名人では落語家の林家こん平さんがこの病気と戦っておられます。

多発性硬化症の症状は多彩です

多発性硬化症の症状はどの神経線維に脱髄が起こるかで異なるため、個人差が大きく様々です。また同じ患者さんでも毎回同じ症状とは限らず、時期によっても変化します。多発性硬化症は様々な症状が良くなったり悪くなったりすることが特徴で、再発を繰り返し増悪していくパターンが多いとされています。一度ダメージを受けた髄鞘は自然に修復されるためその時期は症状が寛解しますが、繰り返して損傷を受けることで症状が増悪していくのです。

感覚症状…感覚の情報を伝える神経線維に脱髄が起きると、手足がしびれたり触った感覚がにぶいといった異常が出現します。

運動症状…運動の情報を伝える神経線維に脱髄が起きると、立って歩くとふらついたりバランスが悪いといった異常が出現します。

また多発性硬化症は高温の熱に弱いことが知られています。熱いお風呂に長く入ったり、気温が暑い日などで症状が悪化します。

多発性硬化症はEDを合併します

多発性硬化症の患者さんはED(イーディー・勃起不全)を合併することが知られており、勃起の中枢や勃起の情報を伝える神経線維に脱髄が起きるとEDを発症します。

脱髄が起こる場所によってEDの症状の強さも変わってきますので全ての症例に効果があるわけではありませんが、多発性硬化症に伴うEDに対してもED治療薬であるバイアグラ(シルデナフィル)・レビトラ(バルデナフィル)・シアリス(タダラフィル)は有効な場合があります。なかでも脊髄勃起中枢が保たれている患者さんにはED治療薬の服用が効果的な可能性がありますので、ED治療の専門医にご相談ください。

記事監修

平成元年
埼玉医科大学医学部卒業
平成元年
東京医科大学付属病院
平成5年
牧田中医クリニック
平成8年
西熊谷病院
平成29年
ユナイテッドクリニック上野院院長就任

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6231-6472
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト