コラム

コラム

EDと肥満

肥満とEDの関係

肥満の男性はED(勃起不全)になりやすいといわれています。肥満とは脂肪組織が過剰蓄積した状態を指しますので、単純な体重の重さではありません。

pet_fat_dog

BMIと肥満

肥満かどうかはBMI(Body Mass Index)という国際的に用いられている肥満指数で判定をおこないます。

  • BMI=体重(kg)÷{身長(m)}2 が計算式です。

標準的な体重は、{身長(m)×身長(m)}×22 で計算されますが、この22という数値は男性におけるBMIの理想値です。つまりBMIが22のときの体重がもっとも健康的な体重ということになります。BMIの値が25を超えると「肥満」と定義されており、BMIが25を超えると高血圧や糖尿病などの生活習慣病が起きやすくなります。肥満が問題なのは、このような生活習慣病を引き起こしてしまうからなのです。糖尿病や高血圧、脂質代謝異常症などにより動脈硬化が進展してしまうと血液が海綿体にうまく流れなくなるのでEDの原因となります。肥満の人は肥満ではない人と比べるとEDになる可能性が2倍になるといわれています。アメリカのMMASという大規模な調査でもBMIの値が高くなればなるほどEDの症状は悪化し、また改善しにくいことがわかっています。

男性ホルモンと肥満

肥満と男性ホルモンは密接に関係しています。BMIが30を超えると男性ホルモン(テストステロン)の低下がみられます。テストステロンとは副腎や睾丸から分泌される男性ホルモンで、男性的な特徴を形成し男らしさを強めるホルモンです。肥満を放置しテストステロンの分泌量が低下すると精力減退、中折れや硬さ不足といったED症状の一因となります。テストステロンの分泌低下はBMIが40を超えるとさらに顕著になります。

肥満の治療

肥満の治療は減量(ダイエット)と運動療法ですが、運動療法のみで目標体重を達成するのは非常に困難ですので食事療法による体重コントロールがメインになります。運動療法は食事療法の補助といったイメージで臨まれるのがいいかと思います。食事療法や運動療法に加えダイエット治療薬の併用も効果的です。池袋ユナイテッドクリニックではダイエット治療薬であるサノレックス・ゼニカルの取り扱いも行っております。

日本で唯一承認・販売されている食欲抑制薬です。食欲の中枢に働きかけることで食欲や消化吸収を抑え、代謝を亢進させることでダイエット効果をもたらします。

消化酵素のひとつであるリパーゼを阻害し脂肪分の吸収を30%カットしてくれる薬剤です。1年間のゼニカル服用で6割の方が体重を5%減少させることができたと報告されています。

サノレックスとゼニカルは作用機序が違うため併用することが可能です。食事、運動療法の補助にサノレックスやゼニカルを服用して頂くと効果的にダイエットを行うことができます。肥満に伴う男性ホルモンの低下や生活習慣病により発症したEDに対しても、ED治療薬であるバイアグラ・レビトラ・シアリスは有効です。池袋ユナイテッドクリニックではED治療薬の処方のみならず、ダイエット薬の処方及び生活指導も行っています。お気軽に御相談ください。

banana-1155494__340

記事監修

平成16年
秋田大学医学部医学科卒業
平成16年
上尾中央総合病院
平成26年
ユナイテッドクリニック池袋院
平成27年
ユナイテッドクリニック上野院
平成29年
ユナイテッドクリニック大宮院院長就任

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6231-6472
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト