ED治療

ED(勃起不全)

ED(Erectile Dysfunction)とは、日本語に訳すと勃起不全あるいは勃起障害と言われ、 全く勃起しない、もしくは勃起状態を継続出来ず満足な性行為が出来ない状態を言います。現在日本の潜在的な患者数は1130万人に上るとの情報もあり、実はEDは非常に多くの方が悩みを抱える症状であるとも言えます。

現在日本の厚生労働省で認可を得て販売されるED治療薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類で、全てホスホジエステラーゼ5(PDE-5)阻害剤という薬剤です。陰茎海綿体で勃起に関与するPDE-5という酵素の動きを抑え、陰茎周辺部のNO作動性神経に働きかけ血管を拡張し、血流量を増加させることで勃起の継続力を高めるものです。それぞれの薬剤に特徴があり、効果にも個人差が発生します。

EDの主な症状

一言でEDと言っても、症状は多岐に渡っており、全く勃起しない場合もあれば、「勃起するけど硬くならない」「短時間で萎えてしまいがち」といったケースもEDの症状にはあります。

  • 勃起するが充分に硬くない。
  • たまに勃起しない。
  • 挿入しても勃起が継続せず抜けてしまう。
  • 性行為の満足度の低下。
  • 勃起の継続時間が少ない。

個人差はありますが、性交渉に悩みを抱えることが増えた場合は、EDの可能性があるのかもしれない、と考えてみるべきでしょう。

ED治療薬 比較表

世界で今まで最も服用されているED治療薬はバイアグラ100mgです。現在、年間で最も多く服用されているED治療薬はシアリス20mgになります。表にはありませんが最も即効性があるED薬はアバナフィルです。

  バイアグラ レビトラ シアリス
用量 25mg,50mg,(100mg) 10mg,20mg 10mg,20mg
効果が出るまでの時間 30分~1時間 10~30分 1~2時間
効果持続時間 3~6時間 5~8時間 30~36時間
食事の影響 受ける 受ける ほとんど受けない
特徴 スタンダードなED薬 累計の処方実績No.1 65歳以上は20mg服用不可 副作用が最も少ない 近年主流のED薬

ED治療薬の副作用

どういったEDの薬剤も求める効果を発揮すると同時に顔のほてりや目の充血などの症状が表れがちですが、これは血管が拡張することが原因であり、効果が出た証ともいえます。また、頭痛、動悸、鼻づまり、色覚変化なども出る方がいらっしゃいますが一時的なものです。気になる際には、お気軽にご相談ください。

その他の注意事項

高血圧治療中の場合

バイアグラ等すべてのED治療薬は血圧を低下させる働きがあるので降圧剤との併用により、立ちくらみなどの症状が一時的に表れることがあります。この事に十分注意していればバイアグラ等すべてのED治療薬は高血圧の方でも使用できますが、併用禁忌の血圧の薬も存在しますので必ず医師にご相談ください。

心筋梗塞や狭心症の既往がある場合

ニトログリセリンを使用中、または発作時に備えて所持している方にはバイアグラ等ED治療薬の処方は不可となっております。 心筋梗塞や狭心症の既往がある方はバイアグラの使用について主治医と必ず相談の上、使用を検討してください。

処方できない方

以下に該当する方はEDの薬剤は処方不可です。

  • 硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤を(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を投与中の方
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
  • 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる方
  • 重度の肝機能障害のある方
  • 低血圧の方(血圧<90/50mmHg)または治療による管理がなされていない高血圧の方(安静時収縮期血圧>170mmHgまたは安静時拡張期血圧>100mmHg)
  • 脳梗塞、脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6カ月以内にある方
  • 網膜色素変性症の方

その他、ED薬は併用禁忌薬があります。服用されているお薬のある方は、処方の際に医師にご確認ください。

EDの原因

EDの原因は大きく2つに分けられます。まず1つ目が「器質性」、そして2つ目が「心因性」です。 1つ目の「器質性ED」とは、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病が主な原因で起こるEDのことです。 生活習慣病が動脈硬化を招き、血液の巡りが悪化することで陰茎海綿体に十分な血液が送られず、EDを発症しやすくなるのです。 不規則な食生活、運動不足、過度の飲酒・喫煙など、日常生活のさまざまな習慣が動脈硬化の根源となり、その結果、血管や神経が障害を受けてしまい、EDとなるケースが多発しています。

そして2つ目の「心因性ED」は、日頃の生活で受ける心身のストレスなどによって引き起こされ、特に20~40代の若い方を中心に広がっています。 ストレスが原因で神経の性的興奮がうまく陰茎に伝わらない結果、EDを招いてしまうのです。

しかし実情は生活習慣病だけ、ストレスだけが原因ということではなく、どちらの要因も複合的に混じりあった結果、EDになってしまう、という「混合型ED」も多いと言われています。

これらの他にも脳出血、脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などの神経疾患や、陰茎海面体の血管や神経を損傷するような手術・外傷、前立腺肥大などの泌尿器科系の疾患、腎不全、陰茎の先天性の疾患などもEDの要因となります。

また、抗うつ薬や降圧剤などにおける一部の薬剤もEDを招く原因となり得ることがあります。

個人輸入でのED治療薬購入について(偽造品に注意!)

ED薬を個人輸入で購入する方がいらっしゃいますが、実は個人輸入のED薬には偽造品もかなり多く、80%~90%は偽造品である、という報告結果も出ています。

ただし偽造品は外からの見た目だけでは見分けを付けることが相当難しく、実際は偽物だと気づかず服用していることも、多々あるのです。

これらの偽造品はどの国で、どんな風に製造されたものかも不明な点が多く、成分や製品の製造過程に大きな問題があることが多く、中には健康被害を引き起こす場合もあり大変危険な行為です。個人で医薬品を輸入して使用されることは、一切お勧めできません。もし個人輸入した薬剤を服用し、少しでも体調に変化が生じた場合は、すぐさま病院で受診してください。

EDに関するよくある質問

Q.副作用はどんなものがありますか?
A.効き始めの段階で顔のほてりが出ることが多々ありますが、 これはED治療薬の血管拡張作用によるもので、効果の現れた証拠とも言えます。他は頭痛、下痢、軽い色覚変化などを発症する方もいらっしゃいますが、ほんの一時的なものです。
Q.ED治療薬(バイアグラ、シアリス、レビトラ)は何歳まで使用可能ですか?
A.バイアグラ、シアリス、レビトラいずれも年齢制限はありません。しかしながら年齢を重ねるに従って薬剤を体内で代謝する速度が落ちるため、少量からの服用をお勧めしております。ただしレビトラ20mg錠は65歳以上の方には適応がありません。
Q.ED治療薬は妊娠に影響はあるのですか?
A.妊娠しても胎児には影響はございません。
Q.ED治療薬の郵送のお願いや通信販売は可能ですか?
A.郵送や通信販売でED治療薬をお渡しすることは出来かねます。ご来院頂き、直接診察をさせて頂き、処方しております。
Q.診察の際に直接ペニスを診察されますか?
A.診察は主に問診を行い、直接ペニスの診察をするケースはございません。
Q.肝機能障害の指摘を受けていますがED治療薬の服用は可能ですか?
A.軽度の肝機能障害は服用可能ではありますが、肝硬変など重度の肝機能障害を指摘されている場合は服用して頂けません。

治療の流れ

STEP01   STEP02   STEP03
問診票に記入して頂きます
(※)
  診察   素早く院内処方

※問診票は院内でご記入頂くか、サイト内からダウンロード頂けます。

PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6907-1942
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト