コラム

コラム

2015.06.10

プロペシア・フィナステリド・フィンペシアとミノキシジル

AGA・薄毛・抜け毛の治療薬プロペシアとミノキシジルは作用機序が違い併用するとお互いの長所・短所を補い、強力な発毛効果が得られます。プロペシアとミノキシジル併用の効果、副作用、池袋・上野ユナイテッドクリニック東京の処方価格、飲み方、服用方法、通販・個人輸入代行等についてお話しいたします。当院ではプロペシアなどフィナステリド製剤、ミノキシジルタブレットやロゲイン、AGAメディカルドクターズセレクト等豊富に発毛薬(育毛薬)を取り揃えております。

プロペシアとミノキシジルの併用は発毛に非常に効果的です。

プロペシアとは

プロペシアはフィナステリドを有効成分とするAGA治療薬です。メルク社が開発し現在すでに60カ国以上で承認されています。外用剤が中心だったAGA治療から世界で初めて医師が処方する1日1回の内服による男性型脱毛症治療薬(AGA薬)です。名前の由来はPropeciaのpro and Comに使われるProの意味(ポジティブという意味)とpeciaはAlopecia(脱毛症)から来ています。

日本ではMSD株式会社が2001年よりプロペシアの臨床試験を開始し、2003年に厚生労働省へ承認申請し2005年10月に製造販売承認され2005年12月より国内で発売開始されております。5α-還元酵素阻害薬という分類の薬剤で5α-還元酵素阻害作用とDHT抑制作用を有しています。

日本では「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1mg」の2種類が発売されており剤型はピンク色のフィルムコーティング剤になっております。14錠のPTPシートになっており、28日分、140日分で販売されています。他に90日分のボトルタイプなどもあり様々な日数、シート、ボトルで販売されています。現在18~19万人の方がプロペシア(フィナステリド)を服用しているといわれおり、AGA(エージーエー)・薄毛治療では最も有名な薬剤です。また日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)では推奨度Aランクの薬剤でAGA・薄毛治療の標準的な薬剤です。

フィナステリドとは

また2015年4月から、ファイザー株式会社が2015年4月よりプロペシアジェネリックをマイラン株式会社と共同で販売しています。「プロペシアジェネリック」は製造販売元がファイザー株式会社、提携でマイラン製薬株式会社、製剤名は『フィナステリド錠0.2㎎「ファイザー」』、『フィナステリド錠1㎎「ファイザー」』となります。PTPシートのものが28錠と140錠、バラが90錠の製剤になっております。

フィンペシアとは

インドのムンバイに本拠をおくCipla社のプロペシアジェネリックです。インド製薬会社第2位で従業員は16000人以上で取り扱い薬品は処方薬、一般医薬品、動物用のヘルスケア用品など多岐に及び北米、南米、アジア、ヨーロッパ、中東。アフリカなど世界170カ国に輸出しています。また製薬施設は世界10カ国に存在し各国に許認可機関に承認されている非常に大きな製薬会社です。

日本では現在18~19万人の方がフィンペシアと同成分のプロペシアを服用しているといわれおり、プロペシアAGA(エージーエー)・薄毛治療では最も有名な薬剤です。また日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)では推奨度Aランクの薬剤でAGA・薄毛治療の標準的な薬剤です。

また2015年4月から、ファイザー株式会社が2015年4月よりプロペシアジェネリックをマイラン株式会社と共同で販売しています。フィンペシアなどフィナステリド製剤がどんどん身近になってきています。

ミノキシジルとは

ミノキシジルは1960年代にアップジョン社(現在のファイザー社)が高血圧の治療薬として開発した内服薬です。高血圧治療薬治療中の患者さんに発毛効果が見られたため、脱毛症の効果が見られたため育毛薬・発毛薬として研究され製造・販売されるようになりました。「ロテニン錠」として知られていますが、現在では各メーカーが「ミノキシジルタブレット」として販売しています。外用剤では「ロゲイン」として知られ、ローションタイプやフォームタイプ等多数販売されています。ロゲインジェネリックの外用剤として日本でも大正富山製薬の「リアップ」がよく知られています。

現在FDA(アメリカ食品医薬品局)でAGA(エージーエー・薄毛・育毛)の治療薬として認可されているのは「フィナステリド」と「ミノキシジル外用」の2つのみでミノキシジルはAGA(エージーエー)治療、薄毛治療の方には欠かせない薬剤です。

プロペシアとミノキシジルの作用による併用効果

薄毛・AGA(エージーエー)の主な原因物質はDHT(ジヒドロテストステロン)です。AGAで悩む男性も脱毛箇所の頭皮に通常より多くのDHTが確認されています。髪の毛にはヘアサイクルという寿命があり正常は6年程度で休止期、成長期、退行期と3つに分かれます。成長期が最も長く髪の毛を長く太い髪にしてくれています。DHTはテストステロンが5α-還元酵素によって変換され生成されます。このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合すると成長期にある毛髪に対して退行期及び休止期に移行する信号が出されます。その結果、退行期の細い毛髪となり毛髪が長く太い毛に成長する前に抜けてしまうので、毛髪が薄く、細く、短い毛になってしまうのです。

プロペシア(フィナステリド・フィンペシア)は、AGAの原因であるDHTを生成するのに必要不可欠な5α-還元酵素Ⅱ型を阻害することでDHTの生成を抑制します。これにより成長期が長くなり細くなった髪の毛にコシが見られ、休止期にある毛穴からの毛髪も成長しAGA改善の効果が期待できる薬剤です。
またミノキシジルの発毛のメカニズムはミノキシジルの血管拡張作用により血流が改善し毛乳頭細胞や毛母細胞が活性化されて細胞分裂を促進し発毛を促進するといわれています。内服薬・外用剤も発毛への機序は同様です。服用するか、塗布するかの差になります。外用剤は1年以上継続した治療が必要でAGA治療薬・薄毛・育毛治療薬継続治療が重要です。

プロペシアで男性ホルモンDHTの働きを抑え、薄毛・AGAの進行を抑制し、ヘアサイクルを元の状態に戻し休止期に移行していた毛髪が再び産毛として生えてきます。ミノキシジルは頭皮の血流を改善させて活性が低下していた毛母細胞の活性を促す太く長い髪へ成長させていきます。

プロペシアとミノキシジルの部位による併用効果

(頭頂部への効果)

ミノキシジルはつむじのあたり、頭頂部にはよく効果を発揮すると言われています。頭頂部の薄毛は自身では気付きにくく、知らない間に進行してしまうため注意が必要な箇所です。頭頂部のAGA、薄毛は血流不良が大きな原因の一つで血流不足による毛母細胞が活性の低下、栄養不足によるものそのため血流改善効果のあるミノキシジルが有効です。ミノキシジルタブレットやロゲイン等で治療する必要があります。プロペシアよりもミノキシジルが主に効果を発揮してくれます。

(生え際、M字ハゲへの効果)

額の両側からゆっくりと進行してく生え際の薄毛の事です。「M字はげ」など言われています。さらに薄毛が進行すると前頭部一部分だけ残してそり込み部分が繋がったり頭頂部の薄毛と結合したりします。

生え際の薄毛・AGAは遺伝の要素が強く出る場所で、また男性ホルモンDHTの影響が多く出る場所ですのでプロペシアが効果的です。インターネットなどではミノキシジルの効果が全くないような感じで書かれていたりしますが外用剤の事でしょう。ミノキシジルタブレットは生え際にも効果を発揮します。ロゲインなどの外用剤の効果弱いです。ただしプロペシア単剤の場合での生え際は産毛の状態が長く続き毛髪の発育が遅い状態になりますのでミノキシジルを併用することで早期に発毛を実感できることでしょう。

M字はげの方の発毛は市販の育毛薬では困難だと思われますのでクリニックで治療することをお勧めいたします。

(前頭部への効果)

前頭部のAGA・薄毛はアジア人に多いとされています。M字のAGA・薄毛と同様にミノキシジルの効果が出にくいとされています。前頭部は他の部位と比べて血流が悪いこと、男性ホルモンDHTの影響が多く出る場所であることが前頭部のAGA、薄毛の原因として知られています。前頭部はDHT、血流悪化ですので最もプロペシアとミノキシジルの併用で効果が見られる部位と言えるでしょう。プロペシア単剤、ミノキシジル単剤では思ったような効果が得られないことが予想されます。

日本皮膚科学会の診療ガイドライン

プロペシアとミノキシジル外用剤の併用療法は日本皮膚科学会が研究・治療データなどに基づいて推奨しています。日本皮膚科学会が発表した「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)」で推奨度A「行うよう強く勧められる」とされている治療法です。ガイドラインは科学的根拠に基づいた情報を選び出し,医師、患者双方にとって標準的治療法を促進するために策定されました。

日本皮膚科学会が推奨するAGA・うす毛・抜け毛治療のガイドラインでは男性で軽症の方には「C1の育毛剤、または5%ミノキシジルand/orフィナステリド1年間使用し、それでも発毛がない場合は植毛術and/orかつら」となっています。中等症・重症の方には「5%ミノキシジルand/orフィナステリド1年間使用し、それでも発毛がない場合は植毛術and/orかつら」となっています。つまり5%ミノキシジルand/orフィナステリドを継続使用することが基本です。

なお治療は1年で終わりではありません。標準療法で1年治療し、効果がない場合に植毛を検討するための目安が1年です。

日本ではこのようにプロペシア+ロゲイン5%が標準療法で最も科学的根拠が認められていますが、ミノキシジルタブレットは日本では未承認ですので残念ながらこのガイドラインでは検討されていませんがロゲインよりミノキシジルタブレットが効果的なことは周知の事実で、最も高い発毛効果が得られます。

池袋・上野ユナイテッドクリニック東京各院ではフィナステリド製剤、ミノキシジル内服・外用剤、AGAメディカルドクターズセレクトなど豊富な薬剤を取り揃えていることや豊富な治療実績がございます。ミノキシジルの錠剤を扱っているクリニックであることや特にAGAメディカルドクターズセレクトの発毛効果や発毛満足度は群を抜いており皆様に高い評価を頂いております。

AGA薬関係での多くの論文でAGA薬の併用がより効果的なことがいわれており、DHTの抑制+血行改善+栄養分の摂取+スカルプケアなど多角的に治療して頂くことをお勧めします。当院の医師がしっかり発毛・育毛のお手つだいをさせていただきます。

池袋・上野ユナイテッドクリニック東京各院のプロペシア、フィナステリド、ミノキシジル処方

池袋・上野ユナッドクリニック東京各院で処方するミノキシジル錠は「ミノキシジル2.5㎎」、「ミノキシジル錠5㎎」、「ミノキシジル錠10㎎」の取り扱いしております。最初は5㎎からが一般的な用量ですが心配な方は2.5㎎から服用されてもいいです。通常4カ月~6カ月で効果が確認できます。AGA治療(薄毛・育毛治療)は継続治療が重要ですので飲み忘れ、塗り忘れがないようにしてください。

初診・再診料無用です。予約も不要です。

池袋・上野ユナイテッドクリニック東京各院ではそれぞれを28日分から処方しています。初診料、再診料は不要です。金額はお薬代のみのご負担となります。

診察内容は問診と視診が中心で頭髪を抜いたり、写真撮影などは行いません。効能・効果、副作用、注意事項の説明の後お薬を院内処方いたします。ロゲインやミノキシジルローション等外用剤も取り扱いをしております。

池袋院はJR池袋駅北口そば、西口徒歩0分、新宿から埼京線で1駅です。上野院はJR上野駅入谷口そば、JR御徒町駅徒歩4分になります。渋谷など東京都内はもちろん神奈川(横浜・関内・川崎)、埼玉、千葉、その他から多くの方が受診されています。

ミノキシジルタブレットを院内処方いたします。

池袋・上野ユナイテッドクリニック東京各院では素早く院内処方いたします。AGA治療はデリケートな疾患です。専門クリニックとして患者さまの負担軽減のためさまざまなプライバシーへの配慮を行っております。各院とも駅から1分かからない立地でビル内のクリニックですが同じフロアに他店舗はございませんし、入り口も大通りに面さないよう配慮しております。駅からほとんど人目に付かずに来院できます。

個人輸入代行・通販について

AGA(エージーエー・薄毛・育毛)治療薬を受け取るには医師の処方箋で薬局から受け取るか院内処方で薬を受け取るかどちらかとなります。国内ではAGA治療薬の通販は禁止されており国内のクリニック・病院が診察なしに郵送することも違法です。

海外製AGA治療薬の個人輸入・通販に関しては認められております。但し、錠数の制限や本数の制限などがあります。また流通の際に偽造品が混入してくることが問題となります。インターネットでの個人輸入の際にはかなりの偽造品が混入するといわれています。きちんとした流通で海外薬剤を購入すればいいのですが個人ではきちんとした流通路をもつ輸入代行業者の選別は難しいのが実情です。非常に精巧にできているので見た目での判別は非常に難しいうえに内服・外用することで深刻な健康被害を引き起こすことがあるため危険です。ミノキシジルの偽造品もやはり多く存在しているようです。

池袋・上野ユナイテッドクリニック東京各院では医療機関で薬剤の処方を受けることをお勧めいたします。

AGA メディカルドクターズセレクト

池袋・上野ユナイテッドクリニック東京各院では自分の毛をはやしたい方に強力な発毛効果、発毛実感率99%の「AGAメディカルドクターズセレクト」をお勧めしています。複数の薬剤をその人の症状・体質に合わせて組み合わせて投与し発毛を促します。費用は定額で1日1回の服用とシャンプーでほとんどの方で4~5か月で発毛が実感できることと思います。また外用剤の併用の有効です。HPに症例写真集もありますので是非ご覧ください。

PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6907-1942
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト