コラム

コラム

2015.08.01

バイアグラとサッカー

南米はサッカーが盛んです

南米はサッカーが盛んなことで知られています。ブラジルやアルゼンチンなどがサッカー強国として有名ですが、ペルーやボリビアといった日本では馴染みのあまりない国でもそのレベルは非常に高いです。特にペルーやボリビアはホームゲームにとても強く、ときにはブラジルやアルゼンチンを撃破してしまうこともあります。

これらの国がホームゲームに強い理由は試合会場が高地であることです。高地では空気中の酸素が薄くいつもと同じ呼吸では体が酸欠状態となってしまうため、アウェーのチームはよほど入念に高地対策をしない限りは体が適応することが難しいと考えられます。実は試合会場が高地であることがペルーやボリビアがホームで強い一因となっているのです。余談ですが、ボリビアの首都ラ・パスの標高は3600mで世界で一番標高が高い首都として有名です。

サッカーの試合前にバイアグラを服用 その1.

南米のサッカーチームでは、高山対策として選手に試合前バイアグラを服用させるケースがあるそうです。ニュースの記事を引用し、いくつか例をあげてみます。

「南米ペルーのプロサッカーチーム、アリアンサ・リマが、標高2700~3300メートルの高地で行われる国内試合で選手たちに勃起不全治療薬「バイアグラ」を服用させることを検討している。

アリアンサ・リマのウィルマール・バレンシア監督は、「シーズン前のスペイン合宿でチームドクターからバイアグラには高地における選手のコンディショニングに効果があると聞いた」と説明。効果が確認できれば、アリアンサ・リマではバイアグラを採用するという。

チームドクターのブラシド医師によると、バイアグラは心臓の機能を高め、酸素摂取を向上させる効果があり、またドーピング違反の対象とはならない。ブラジルのグレミオなども高地での試合で選手にバイアグラを服用させているという。」

サッカーの試合前にバイアグラを服用 その2.

「アルゼンチンのサン・ロレンソが、コパ・リベルタドーレス準決勝セカンドレグで、ボリビアのクラブ・ボリバルと対戦する。この試合で、サン・ロレンソの選手たちがバイアグラを使用すると、ブラジルメディア『Globo』が報じている。

同試合は、ボリビアのラパスにあるクラブ・ボリバルの本拠地、エルナンド・シレス競技場で行われる。同競技場は、標高約3637メートルに位置し、世界一高い場所にある公的なスタジアムとなっている。そのため酸素が薄く、高山でのプレーで頭痛や吐き気、運動失調などを引き起こす高山病になる恐れがある。

ファーストレグを5-0で勝利しているサン・ロレンソだが、同クラブを率いるエドガルド・バウサ監督は、この結果に気を抜くことはなく、高山でのプレーに備えて、選手達にバイアグラを使用させることを決めた。バイアグラには血流を良くし、血液の酸素運搬を促進する働きもあるため、高山病を防ぐ役割を狙っている。」

肺高血圧症にはシルデナフィルが有効

体が低酸素の状態となると、肺の動脈が収縮して肺高血圧症が起きることがあります。肺高血圧症を生じると息切れや鼻血、めまい、胸痛などの症状が現れます。

以前のコラムでも御紹介しましたが(バイアグラ・シアリスと肺高血圧症 http://united-clinic.com/column/2352/)、バイアグラなどのED治療薬はPDE-5阻害剤と呼ばれるお薬です。PDE-5阻害剤はPDE-5という酵素の働きを阻害することで肺動脈の血流を改善させ、肺動脈圧を下げる作用があります。つまりバイアグラには高山病による肺高血圧症の改善効果があるのです。バイアグラの成分であるシルデナフィルは2008年に「レバチオ」という商品名で本邦でも製造が承認されており、肺動脈性肺高血圧症の治療に用いられています。

シルデナフィルは当初、心臓の薬として開発されていたという経緯もあり、勃起改善効果以外の作用も有しています。最近ではバイアグラとお茶の成分であるカテキンを併用することで、癌を抑制する可能性がある、という論文が発表され話題になりました。PDE-5阻害剤は我々がまだ知りえない効果を秘めた薬なのかもしれません。

プライバシー保護!スタッフは全員男性、目立たない立地のクリニックです。(バイアグラ・レビトラ・シアリス処方)

バイアグラ・レビトラ・シアリス処方(ED治療薬の処方)は非常にデリケートな問題です。池袋・上野ユナイテッドクリニック東京各院の医師・スタッフはすべて男性です。また院内処方を採用しており素早く院内処方いたします。(処方箋で院外の薬局から受け取ることはありません。)

当クリニックは池袋・上野駅からすぐに立地にあるビル内のクリニックですが同じフロアに他店舗はなく、エレベーターも大通りに面さないようにするなど患者さまのプライバシーに配慮いたしております。また池袋・上野ユナイテッドクリニック東京各院から患者さま宛に郵便物などは一切送付いたしませんのでご安心ください。

池袋院はJR池袋駅北口そば、西口徒歩0分、新宿から埼京線で1駅です。上野院はJR上野駅入谷口そば、JR御徒町駅徒歩4分です。渋谷・浜松町・五反田・目黒など東京都内はもちろん神奈川(横浜・関内・川崎)、埼玉(大宮)、千葉、その他から多くの方が受診されています。

保険証不要、初診料・再診料ともにいただいておりません。(バイアグラ・レビトラ・シアリス処方)

ED治療薬の処方(バイアグラ・レビトラ・シアリス処方)は自由診療となり保険適応がございませんので保険証の提示は不要です。また初診料・再診料ともにいただいておりません。お薬代のみのご負担となります。

池袋・上野ユナイテッドクリニック東京メインホームページでは服用方法、注意事項、副作用、併用禁忌薬など詳細に記しております。バイアグラ・レビトラ・シアリス処方、服用にあたり参考にされてください。もちろん、お電話でのバイアグラ・レビトラ・シアリス処方のご相談も承っております。ご来院をお待ちしております。

PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6907-1942
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト