コラム

コラム

2015.06.29

EDとうつ病・抗うつ薬

うつ病がED(勃起不全・イーディー)の原因になることは比較的知られていますが、EDがうつ病の原因になる場合があることをご存知でしょうか?実はEDとうつ病は双方向の関係にあります。

うつ病とは?

うつ病は精神疾患の中でもよく見られ、気分障害に分類されるものです。原因としては心理面が優位に作用するものと生物学的原因とするものがあります。理面説は几帳面な不安を感じやすいメランコリーと呼ばれる性格に、ストレスが過大にかかった場合に発症すると考えています。

生物学的説はセロトニンなどの神経伝達物質や下垂体のホルモン分泌器官の障害が原因となります。
うつ病の発症率は国内では1-2%程度と見られています。世界的にはもう数%程度高いようです。
一見日本の発症率が低いように思えますが、実は日本人は精神科に抵抗があるため受診率が低く、そのため日本の発症率が低く見えている可能性があります。

EDとうつ病に関する研究

EDとうつ病との関係について、15,162名を対象とし、5年間にわたって追跡調査をおこなった台湾の大規模な研究をご紹介します。

台湾の国民健康保険調査記録をもとに診療支払いデータベースを用いて、1997年より前にEDとうつ病の罹患歴がなく、1997年1月から2005年12月の間にEDと新たに診断された18歳以上の患者2,527例をED群とし、コントロール(非ED群)と比較コホート研究を行いました。コントロール群は、年齢と性別がED群と適合した非ED患者から無作為に抽出した12,635例としました。5年間追跡し、うつ病発症の有無及びEDとうつ病との関係に対する年齢と時間依存的影響の評価を行いました。

結果は、追跡5年でのうつ病発症率はED群5.8%、コントロール群2,4%でした。また、時間依存的影響に関する検討の結果、追跡期間1年でうつ病の発症リスクはもっとも高くなっていました。

結論として、EDはうつ病の発症リスクに長期的に影響し、そのリスクはEDと診断後1年がもっとも高く、EDを発症していない人の約3倍であったと報告されています。

Chou PS et al: J Sex Med. doi : 10. 1111/jsm.12792. Epub ahead of print. 2014

ED・うつ病とテストステロン

EDとうつ病には男性ホルモンであるテストステロンが関係しています。テストステロンは性欲の亢進や、生殖器の発育に影響を与えるホルモンです。男性は加齢によりテストステロンの分泌量が低下していきます。テストステロンの低下はEDを引き起こしますが、うつ病の患者でもテストステロン値が低いことがわかっています。こうしたテストステロン値の低下に伴うED症状やうつ症状などの諸症状は、LOH症候群(男性更年期障害)と呼ばれています。

EDとうつ病の密接な関係

ED患者に合併していることの多い糖尿病は、うつ病の発症や悪化要因であるとの報告もあり、実はEDとうつ病のリスク要因は共通しています。

うつ病患者にEDが多い原因は、うつ病によって性的衝動が抑えられているからと考えられています。

またEDは男性の自尊心と大きく関わっているので、パートナーから否定的な反応を示されることで自信を喪失し、うつ病の発症につながることもあります。

このようにEDとうつ病はお互い密接に関係しているため、うつ病の方はEDを発症しないように注意しなければいけませんし、EDの方はうつ病を発症しないように注意しなければいけません。ED治療薬を処方する医師はEDの原因が心因性EDなどの機能性EDではなく器質性EDであった場合でも、患者に対して薬剤の処方のみならず精神的なサポートや配慮が必要と考えます。

薬剤性EDと抗うつ薬

うつ病の方の治療に用いる抗うつ薬は薬剤性EDの原因となり得ます。30~79歳の男性2,301名を対象に薬剤の種類によってEDに与える影響が異なるかどうかを調べた研究では、三環系抗うつ薬、ベンゾジアゼピン系薬、降圧薬、抗炎症鎮痛薬のうち、三環系抗うつ薬がもっとも高いオッズ比を示し、次いでベンゾジアゼピン系薬が高いオッズ比を示していました。このようにうつ病はその治療薬もEDと密接に関係しています。

Kupelian V et al: BJU international doi : 10. 1111/bju. 12231. 2013

このように抗うつ薬が原因で薬剤性EDを発症する可能性があります。具体的には抗うつ薬(SSRI:選択的セレトニン再取り込みブロッカー)が、勃起中枢である視床下部を抑制してしまい、視床下部から下位への伝達が阻害されEDとなってしまうというものです。

ならば抗うつ薬を止めればEDが治るじゃないかとお思いでしょう。
しかしED改善を求めて抗うつ薬を自分勝手に止めたら大変なことになります。実は抗うつ薬は急に辞めるとうつ症状が悪化することが知られています。
止めるにしても専門医の正確な診断と監視のもとゆっくり減量していく必要があるのです。

ED治療・早漏治療なら池袋ユナイテッドクリニックまで

ED治療・早漏治療のユナイテッドクリニック東京の各院ではED治療薬のバイアグラ処方レビトラ処方シアリス処方バイアグラジェネリック(シルデナフィル)処方、早漏治療薬のプリリジー処方、早漏防止薬のリドスプレー処方を東京最安値で出来るように目指しています。

当院ではED治療・早漏治療のご相談や治療薬の処方をいたしております。ED・男性更年期障害に効果がある亜鉛やビタミンB、マカ等の取り扱いもしており、様々な悩みに対応することができます。

思い悩む前にお気軽にご来院ください。ご相談のみでも構いません。

アクセス良好(池袋・上野・新橋・大宮・横浜)

池袋ユナイテッドクリニックはJR池袋駅北口を出てすぐ左側のビル「ニイミビル」の7階にあります。1階がお菓子のまちおか、プロミス、靴の修理屋さんになっており、靴の修理屋さんの横の入り口から中にお入りください。エレベーターも奥まったところにあり、人目につかず受診することができます。また西口からも徒歩0分で受診することが可能です。池袋は「東に西武、西に東武」です。お間違えの無いようご注意ください。

JR池袋駅 北口そば、西口徒歩0分
東武東上線 本線 (池袋駅) 徒歩0分
西武鉄道 池袋線 (池袋駅) 徒歩0分
東京メトロ 丸の内線 (池袋駅) 徒歩0分
東京メトロ 有楽町線 (池袋駅) 徒歩0分
東京メトロ 副都心線 (池袋駅) 徒歩0分

池袋ユナイテッドクリニックはJR線では山手線、埼京線、湘南新宿ライン等、東武東上線、、西武池袋線、東京メトロ丸の内線、有楽町線、副都心線などが乗り入れをするターミナル駅です。池袋ユナイテッドクリニックはアクセス良好でJR池袋駅をでて、すぐの立地です。雨の日も雨に濡れることなく受診できます。

池袋がある豊島区(池袋、大塚)、板橋区、足立区、練馬区、文京区、北区、新宿区、中野区、埼玉県(さいたま、所沢、浦和、川越、川口)、神奈川県(横浜・川崎)などにお住まい、お勤めの方は受診しやすいと思います。

また近隣にコインパーキングも多く、車での受診も可能です。ぜひご来院ください。

処方価格はお薬代のみ・プライバシーに配慮

ユナイテッドクリニック東京は初診料・再診料は無料で処方価格・購入費用はお薬代のみです。格安・激安・最安値で処方できるように努力いたします。またすべての院が駅近の立地でかつ、人目につかず、ご来院いただけるようにプライバシーの最大限の配慮を致しております。

池袋院・上野院・新橋院・大宮院・横浜院にお越しください。

ユナイテッドクリニック東京の各院ともターミナル駅近でアクセス良好です。

池袋院 JR池袋駅北口そば(20B出口横、ニイミビル7階)、西口徒歩0分
上野院 JR上野駅入谷口そば・御徒町駅徒歩4分(入谷口前の1階にサンクスが入った早稲田ビルヂング8階)
新橋院 JR新橋駅(銀座口)・東京メトロ銀座線新橋駅、徒歩0分(JR新橋駅・銀座口を直進、メトロ銀座線新橋駅2番口そば、1階にファミリーマートがあるリプロ新橋4階)
大宮院 JR大宮駅西口、徒歩0分(駅前陸橋を降りて3件目の山中ビル5階
横浜院 JR横浜駅・にし北口、西口徒歩3分 第7浅川ビル4階

また新橋駅には飛行機で東京へお越しの方、上野院・大宮院には新幹線で東京へお越しの方が大勢いらっしゃいます。ユナイテッドクリニック東京には池袋・新宿・渋谷・目黒・五反田・上野・御徒町・神田・秋葉原東京・有楽町・八重洲・銀座・品川等、東京はもちろん埼玉(さいたま・大宮・川口・浦和)、千葉(船橋・千葉・柏・松戸)、神奈川(横浜・関内・川崎)などから多くご来院されています。

 

PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6907-1942
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト