コラム

コラム

2016.12.24

中折れを解消したいけどED薬に抵抗がある

ED治療早漏治療専門の池袋(池袋・新宿)・上野ユナイテッドクリニック東京ではED治療薬バイアグラ(シルデナフィル)、バイアグラジェネリックレビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)、早漏薬プリリジー(ダポキセチン)などを処方しています。価格は東京最安値を目指しており購入費用を安く抑えられます。

中折れとは性交為の前には勃起していても、その後勃起が維持できず萎えてしまうことを指します。いわゆる中折れで悩んでいるのは30代~70代までと幅広い年代でみられ、性行為の最初は勃起するためにEDとは違う!と思っている方が多くいらっしゃいますが、中折れは立派なEDの症状です。「あれ?今日は調子が悪いなぁ」「この前も最後までいかなかったから今回は大丈夫かな?」「パートナーに飽きたから勃起しないのかな?」などの症状に心当たりがある方は要注意です。このように勃起するか不安な人もED症状に含まれます。中折れを解消したいけどED治療薬に抵抗がある方もいらっしゃると思います。EDは症状が現れてはじめて意識する方がほとんどで、日本人男性の3分の1にED症状があるといわれますので、比較的メジャーな症状で、中折れは最初から勃起しない重度のED症状に比べれば改善する可能性があります。ED症状は人に相談しにくいため一人で悩みがちで、間違った知識や情報を信じてしまう方も多いようです。中折れ改善のために正しい知識で治療していきましょう。

勃起仕組みと萎える仕組み

中折れを改善するために勃起のメカニズムについてお話しておきましょう。勃起の仕組みは3つの段階を踏みます。1.勃起が起こる→2.勃起が維持される→3.萎える です。

1.勃起が起こる

性的な興奮状態となると脳~脊髄を通り、陰茎に伝わることで一酸化窒素(NO)が放出されます。一酸化窒素が放出されるとサイクリックGMP(cGMP:日本語では環状グアノシン一リン酸)という血管拡張させる物質が放出されます。これによって血管が拡がりペニスに血液が大量に流入していきます。このcGMPは勃起を促す正義の味方のような存在です。勃起の正体は血液で、海綿体に流れ込みます。

2.勃起が維持される

その後、流れ込んだ血液によって陰茎海綿体がパンパンに膨れ上がり、本来体内へペニスの血液を戻す静脈が押しつぶされてしまうため体内に血液が戻れなくなり勃起が維持されます。脳からの神経伝達がうまくいかない、一酸化窒素の放出が少ない、血流が悪いとペニスへの十分な血液が集まらなくなり、その結果中折れなどのED症状として現れます。

3.萎える

勃起をしたまま生活するのは困難です。勃起は射精後、または脳の興奮が収まることで終わります。このときに働く酵素があり、ホスホジセエテラーゼ(PDE-5)といいます。これが勃起を終了させる悪者?ともいえる酵素です。PDE-5が放出されると血液が海綿体からなくなり萎えます。バイアグラ、レビトラ、シアリスはこのPDE-5酵素を選択的に阻害することでED症状を改善します。

このように正常な勃起には十分な血流の確保、神経伝達がうまくいくことが重要となります。

中折れの原因は?

中折れを防ぐには一酸化窒素の量を確保、血流を改善して海綿体に血液を送る、PDE-5を正しいタイミングで出す、ことが重要です。これらがうまく機能しない原因として心因性(メンタル)、器質性(フィジカル)、薬剤性(メディシン)、混合型(心因性や器質性が同時に起こる)に分けられています。

心因性ED

心因性EDとは精神的なプレッシャー、過去のトラウマ、次も失敗してしまうかもしれないという不安感などからEDとなることをいいます。心因性EDの場合、ふとしたきっかけで改善することもあります。日ごろどのようなことがストレスになっているかは人によって違うため、本人の心の中で大きくなっていきます。心因的な要因から刺激がうまく陰茎に伝わらずEDになっている状態ですのできっかけや自身が回復することで改善することもあります。

器質性ED

器質性EDとは身体に原因があることで起こるEDのことで、老化、血流の滞り、神経の障害、飲酒、喫煙、内分泌異常、糖尿病、高脂血症、高血圧などが挙げられ、生活習慣の乱れから血管が詰まったり、高血圧によって神経を障害してしまったり、加齢や食生活の乱れによる男性ホルモンの低下により、ペニスの血管は細く詰まりやすいためED症状として現れます。

薬剤性ED

薬剤性EDとは常用している薬剤の影響からEDとなることで、精神安定剤や抗うつ薬、睡眠薬、降圧剤、高脂血症などの薬剤を長期摂取することで副作用としてED症状が現れます。

これらは主な原因として挙げられ、ED症状は原因がはっきりしているものもあればはっきりしないものもあるのも事実なので、まずはED薬で十分な血流量を確保し、治療したほうが簡単で、自信を取り戻せます。

中折れを改善するには?

ペニスにつながる血管は非常に細いため詰まりやすいともいえます。先ほど述べた様々な原因によりペニスに十分な血液が流れ込まないことがEDという症状です。首など大きい動脈や静脈は生命に関わるため詰まりにくい構造をしていますが、ペニスにつながる陰茎動脈などは非常に細いですので、ちょっとしたことで詰まる可能性があります。比較的若い方は心因性の方が多いのですが、ほとんどの方は器質性EDと思われます。加齢とともに生活習慣や食習慣の影響から血管や神経が障害されることがEDの初期症状であり、それは生活習慣病のサインかもしれません。ED症状を改善するには生活習慣病改善に対するアプローチも大事になります。

中折れED症状の場合、早期に治療したほうが賢明です。ED薬はPDE-5という勃起を終了させる酵素を抑えて勃起に必要な血流を確保することを助けてくれる薬剤です。ED薬に抵抗がある方は地道に体質改善をはかることで長期的に改善の可能性を探ることはできますが、なかなか簡単ではありません。そのため、体質改善しつつ対称療法としてED薬を用いるのが主流になってきています。悩んだままでは何も解決しないどころか放っておくとどんどん悪化してしまいます。まずはED治療薬で血流改善してED症状を改善することでオトコとしての自信を取り戻すことだけでなく、生活の質(Quality of life)を上げることができます。また、ED薬を使うと薬にずっと頼ってしまうと考えている方も多いのですが依存性のある薬物ではありませんのでご安心ください。例えば心臓の疾患がある方は投薬治療とともに食事制限や運動することで改善を促すのが大きな治療の流れです。ED治療も薬剤を用いつつ生活習慣を見直していくことが治療の一環となります。

どうしても薬に抵抗がある方はサプリメントをお勧めいたします。男性ホルモンの低下がEDの原因の1つですので亜鉛、マカ、DHEA、ビタミンBなどのサプリメントを服用することで改善する場合もあります。ただし即効性があるわけではありませんので数カ月~1年にわたる摂取により体質改善した結果、ED症状も改善していく場合があります。もちろん、ED薬とこれらのサプリメントの併用することで症状の改善がはかれますので併用される方が多いです。ED症状だけでなく男性ホルモンの低下や栄養不足などの健康の面からも積極的な服用をお勧めいたします。

中折れEDとED薬

中折れEDの場合選択できるED治療薬は3種類あります。バイアグラ、レビトラ、シアリスです。バイアグラは用量が25mg、50mg、100mg。レビトラは5mg、10mg、20mg。シアリスは5mg、10mg、20mgという数値となっています。この中で中折れEDに適応なのはバイアグラだと50mg、100mgレビトラは10mg、20mgシアリスは10mg、20mgが一般的です。症状などを医師にご相談のうえ薬剤の用量を選択したほうが賢明でしょう。バイアグラ100mgに関しては国内製は存在しないのですが、レビトラ20mgと同程度の用量といわれており日本以外の国では処方されています。日本においてはバイアグラの承認にあたり細心の注意が払われたため100mgは一部の人に効果が強すぎると判断されたためです。バイアグラは国内未承認のときに個人輸入した方に様々な問題があったため慎重になったのだといわれています。

ED治療薬は皆さまが思っている以上に食事や体調の影響を受けます。飲んだのに効かなかったという場合は用量が少ない以外の要因として、脂っこい食事をしていたり、アルコールを飲んでいたり、体調が悪かったりということがあります。ED薬はしっかりした量を正しい服用方法でご利用ください。正しい服用方法とは、できるだけすきっ腹で、食事は軽いものを選び、アルコールもできるだけ控え、体調が整っている状態で服用することです。まずはこれらをお守りいただきED治療薬のしっかりした効果を知っていただきたいですね。

中折れEDでこんなはずじゃ?と思っていてもED薬を服用せずに放っておいていては悩みは解決しません。まずは専門の医師がいるユナイテッドクリニックへご相談ください。ともにED改善を目指しましょう。

プライバシー保護!スタッフは全員男性、目立たない立地のクリニックです。(バイアグラ処方・シルデナフィル)

バイアグラ処方(ED治療薬の処方)は非常にデリケートな問題です。池袋・上野ユナイテッドクリニック東京各院の医師・スタッフはすべて男性です。また院内処方を採用しており素早く院内処方いたします。(処方箋で院外の薬局から受け取ることはありません。)

当クリニックは池袋・上野駅からすぐに立地にあるビル内のクリニックですが同じフロアに他店舗はなく、エレベーターも大通りに面さないようにするなど患者さまのプライバシーに配慮いたしております。また池袋・上野ユナイテッドクリニック東京各院から患者さま宛に郵便物などは一切送付いたしませんのでご安心ください。

池袋院はJR池袋駅北口そば、西口徒歩0分、新宿から埼京線で1駅です。上野院はJR上野駅入谷口そば、JR御徒町駅徒歩4分です。渋谷など東京都内はもちろん神奈川(横浜・関内・川崎)、埼玉(さいたま・大宮)、千葉、その他から多くの方が受診されています。

保険証不要、初診料・再診料ともにいただいておりません。(バイアグラ処方)

ED治療薬の処方(バイアグラ処方)は自由診療となり保険適応がございませんので保険証の提示は不要です。また初診料・再診料ともにいただいておりません。お薬代のみのご負担で購入できます。

池袋・上野ユナイテッドクリニック東京メインホームページでは服用方法、注意事項、副作用、併用禁忌薬など詳細に記載しております。バイアグラ処方、服用にあたり参考にされてください。もちろん、お電話でのバイアグラ処方のご相談も承っております。ご来院をお待ちしております。

 

 

PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6907-1942
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト