コラム

コラム

2016.09.21

プロペシアジェネリック フィナステリド 「トーワ」 について

薄毛・AGA治療(男性型脱毛症)専門クリニックの池袋ユナイテッドクリニックではAGA治療薬であるプロペシア(フィナステリド)、フィナステリド「ファイザー」「サワイ」「クラシエ」「トーワ」、ザガーロアボルブ(デュタステリド、デュタテライド)、ミノキシジル、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)、アロビックスロゲイン、5%ミノキシジルローション、ケトコナゾールシャンプー(ミコナゾールシャンプー)、AGA メディカルドクターズセレクトなどのAGA治療薬の処方を行っております。
また、髪の毛の栄養になる亜鉛や、AGA治療薬の増強効果があるリジン等も取り扱っています。

フィナステリドとは

フィナステリドとは男性型脱毛症(AGA)の薬剤です。男性型脱毛症とは壮年期の男性の前頭部や生え際、頭頂部もしくはその両方が薄毛になることを指します。AGAは一般的に薄毛、はげ、などと呼ばれますがストレスが原因となる円形脱毛症などとは違います。AGAの原因は遺伝、男性ホルモン、加齢、生活習慣病、喫煙、飲酒、ストレスなどが挙げられます。髪の毛にはヘアサイクルという2~5年かけて毛が成長する循環が存在しますが、AGAの方は男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)によりヘアサイクルが3ヶ月~1年と短くなることで成長途中の毛が脱毛し、薄毛が目立ちはじめます。フィナステリド製剤はこのDHTの生成を阻害する薬剤で、ヘアサイクルを正常化し、しっかりとした毛を育むことを助けます。今回はジェネリック薬品大手の東和製薬より販売が開始されるフィナステリド「トーワ」についてお話いたします。

フィナステリドの成り立ち

フィナステリド製剤は元々はAGAのための薬剤ではなく、最初は前立腺肥大の薬剤として開発されました。前立腺肥大とは男性の尿道に存在する前立腺が50歳以降に肥大し、尿漏れや尿が出ないなど排尿障害を呈する病気で、前立腺肥大治療薬として1983年アメリカのメルク社により開発が始まりました。1992年に「プロスカー」として前立腺肥大治療薬として販売が開始されています。その後、臨床や研究により「毛が生えた」「抜け毛が減った」という意見が多数寄せられたため、あらためてAGA治療薬として開発がはじまり1997年にアメリカのFDAに認可されメルク社より、AGA治療薬「プロペシア」として世界初のフィナステリド製剤の販売が開始されました。2005年にはメルク社の日本支社MSD社より、日本でも厚生労働省に認可されプロペシアが販売開始されています。2014年の2月には先発品の特許期間が過ぎたためファイザー製薬よりフィナステリド「ファイザー」としてプロペシアジェネリックが解禁されました。その後サワイ、クラシエなどがフィナステリドを販売開始しており、2016年秋にトーワ製薬からも販売が開始されることになりました。ジェネリック薬品は先発医薬品と治療学的に同等であり、厚生労働省も使用を推奨しています。

フィナステリド 「トーワ」について

製品名 フィナステリド 1mg錠「トーワ」 又は 0.2mg錠「トーワ」
薬効分類名 5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬 男性型脱毛症治療薬
承認年月日 2016年9月01日
販売開始年月日 2016年9月20日
貯法 室温保存
有効成分 1錠中フィナステリド1mg 又は 0.2mg
添加物 乳糖水和物、クロスポピドン、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、トリアセチン、タルク、酸化チタン、三二酸化鉄
性状 うすい赤色のフィルムコーティング錠

 

images

*東和薬品医療関係者向けサイトから抜粋

フィナステリドの効果

フィナステリドはどうのように薄毛・AGAに効くのでしょうか?AGAの方の頭皮には薄毛ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度に見られることが研究で明らかになりました。DHTは男性ホルモンの一種で自然に存在するものではありません。男らしさなどに関与する男性ホルモンのテストステロンが頭皮に存在する酵素5αリダクターゼと反応することでDHTが生成され髪に悪さをします。

まず、ヘアサイクルを乱すことで通常2~5年かけて育つ髪が3ヵ月~1年という短いスパンで抜けてしまいます。抜ける髪は短く、幼若で、弱々しいものですのでご自分の抜け毛が成長過程で抜けていないか?というチェックも大事になります。髪は1日に100本ほど抜けると言われていますが150本以上抜ける方はAGAを疑った方がいいかもしれません。また、DHTはこれ以上は髪の毛を作らなくてよいという間違った指令を出すため、一旦DHTが生成されると髪の毛が育たないで抜ける、プラス育毛も遮られるという髪にとっては非常に厄介な状態となります。

このようにAGAはの症状は進行性であることを知っておきましょう。フィナステリド製剤は髪に悪さをする酵素DHTの生成に関わる酵素5αリダクターゼのⅡ型を選択的に阻害することでヘアサイクルを改善し、脱毛を防止する薬剤です。5αリダクターゼのⅡ型は前髪や頭頂部に多く存在しますのでAGAの適応症である部位と一致します。一方、5αリダクターゼのⅠ型は頭皮全体に存在し、5αリダクターゼのⅠ型、Ⅱ型両方を阻害するのがデュタステリド製剤となります。髪全体に作用しますのでフィナステリドよりもデュタステリドの方が効果が高いことで知られています。

フィナステリド「トーワ」の服用方法、効果までの時間について

フィナステリドは1日1回1mgを水で服用します。毎日同じ時間に服用したほうが薬剤の血中濃度が安定し効果が高いことが知られていますので、毎日時間を決めて飲み忘れしないことが重要です。フィナステリド製剤はヘアサイクルを改善する薬剤ですので効果を実感するのには最低でも6ヵ月は必要です。ヘアサイクルは2~5年ですので年単位での治療が大事となります。事実下記のプロペシアに関する表でわかるようにフィナステリド製剤は1年目よりも2年目以降の方が効果が高いことが証明されています。

1322a1bf.png

*MSD社 社内資料より抜粋

1年間のプロペシア(フィナステリド製剤)投与で約58%、2年後には68%、3年後には78%の方に改善効果が見られています。改善及び維持効果を合算すると98%以上の方に効果があるといえます。ただし、フィナステリド製剤の効果はヘアサイクルの改善による脱毛進行の防止であり、髪の毛がきちんと育つことで薄毛を改善するものです。フィナステリド製剤は脱毛を防止しますが髪の毛の発毛の効果は低く、発毛効果を期待する場合はミノキシジル製剤が必要となります。ミノキシジルは毛根の血流をよくすることで発毛を促す薬剤です。

フィナステリド「トーワ」の副作用について

フィナステリドの副作用の頻度はかなり少ないと言われています。国内の臨床試験では1mgのフィナステリドで精力減退や胃の不快感などが5%ほどの方に見られましたがその発現頻度は、偽薬(成分がまったく入ってない薬剤)を服用した場合とほとんど同じなため、特に重篤な副作用の報告はありません。詳しい数値についてお話ししましょう。

48週間の二重盲検比較試験において、安全評価対象276例中11例(4%)に14件の副作用(臨床検査異常変動を含む)が認められた。主な症状はリビドー減退3例(1.8%)、勃起不全2例(1.3%)。ただし、偽薬による調査でもリビドー減退1.3%、勃起不全0.7%となっておりプロペシアによる影響だけでなく、精神的な要因も大きいという結果となっています。

フィナステリド「トーワ」の注意点

フィナステリド「トーワ」で注意すべき点があります。

1.フィナステリドは男性のみが服用できます。また未成年や女性の方は服用できません。

2.妊婦や妊娠している可能性のある女性、及び授乳中の女性は絶対にフィナステリドに触れないようにしてください。口から経口摂取した場合でも皮膚からの皮膚吸収した場合も男性胎児の生殖器等に影響が出る可能性があります。このようなことからフィナステリドは分割しないようにしましょう。

3.前立腺癌の検査で異常値となることがありますので、検査する場合はフィナステリド服用している旨を医師に必ずお話ししてください。

4.フィナステリド服用中は献血できません。服用中止してから1ヵ月程度は献血を避けてください。

フィナステリド「トーワ」は医療機関で

フィナステリド製剤は個人輸入のサイトなどで購入することが可能ですが、偽物が60%強混入しており非常に危険です。健康被害も多数報告されており厚生労働省からも注意喚起されています。そのようなリスクをとる事は賢明な選択とはいえません。ご自身の身体に入れる薬剤ですのですべて自己責任となります。また、フィナステリド製剤に関して副作用を大げさに記述していたり、科学的根拠に基ずいていない記述も多数散見されますが、それらの否定的な記述の後には必ず他の製品の紹介があります。髪の毛のヘアサイクルは長いため「効いているかも」「もう少し我慢すれば効果がでるかも」といった希望的観測で効果の無い薬剤を掴まされることも多々あるようです。フィナステリド製剤は日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインでAランクの薬剤です。「強く行うことを勧める」と学会が発表しているものですので科学的根拠に基ずいています。フィナステリドはしっかりとした流通経路をもつクリニックでの処方を受けましょう。

薄毛治療(AGA治療)は池袋ユナイテッドクリニックまで

ユナイテッドクリニック東京の各院では薄毛治療・AGA治療のご相談・処方をいたしております。薄毛治療・AGA治療薬のプロペシア処方プロペシアジェネリック(フィナステリド「ファイザー」「クラシエ」「サワイ」「トーワ」)処方ザガーロ処方アボルブ処方(デュタステリド)、ミノキシジル処方(ミノキシジルタブレットロゲイン・ミノキシジルローション)や2%ケトコナゾールシャンプーアロビックスの処方を行っております。

また強力な発毛・育毛効果のカクテル療法「AGAメディカルドクターズセレクト」の取扱しており、様々な薄毛治療(AGA治療)を行う事が可能です。ユナイテッドクリニック(池袋・上野・新橋・大宮・横浜)は東京で最安値を目指しております。

思い悩む前にお気軽にご来院ください。薄毛治療・AGA治療はユナイテッドクリニック東京にご相談ください。

アクセス良好(池袋・上野・新橋・大宮・横浜)

池袋ユナイテッドクリニックはJR池袋駅北口を出てすぐ左側のビル「ニイミビル」の7階にあります。1階がお菓子のまちおか、プロミス、靴の修理屋さんになっており、靴の修理屋さんの横の入り口から中にお入りください。エレベーターも奥まったところにあり、人目につかず受診することができます。また西口からも徒歩0分で受診することが可能です。池袋は「東に西武、西に東武」です。お間違えの無いようご注意ください。

JR池袋駅 北口そば、西口徒歩0分
東武東上線 本線 (池袋駅) 徒歩0分
西武鉄道 池袋線 (池袋駅) 徒歩0分
東京メトロ 丸の内線 (池袋駅) 徒歩0分
東京メトロ 有楽町線 (池袋駅) 徒歩0分
東京メトロ 副都心線 (池袋駅) 徒歩0分

池袋ユナイテッドクリニックはJR線では山手線、埼京線、湘南新宿ライン等、東武東

 

 

PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6907-1942
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト